一生モノの資格を取ろう|行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

一生モノの資格を取ろう

男の人

注目の医療系国家資格

全国どこでも需要があり、資格を活かせる仕事と言えば、医療・福祉の仕事です。中でも最近知名度があがり、需要が増えているのがリハビリテーション関連の職種です。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の3分野があります。三者の違いをおおまかに説明すると、理学療法は体を動かすリハビリ、作業療法は日常生活を支援するリハビリ、言語聴覚士は言葉や食事に関するリハビリを行う職業です。「言語聴覚士」という言葉のとおり、聞くこと・話すことに関するスペシャリストなのですが、実は咀嚼や嚥下といった「食事」に関するリハビリも行う仕事なのです。言語聴覚士になるには専門の学校に通い、国家試験に合格する必要があります。学校は3〜4年制で、学校内での授業はもちろん、実際の現場で実習経験を積むなど、厳しいカリキュラムを乗り越える必要があります。しかし、一度取得できれば一生ものの資格であることは間違いありません。

どんな勉強が必要なのか

専門の学校に入学するためには、一般の大学と同じようにセンター試験や学校独自の試験を受ける必要があります。入学の時点では特別専門的な勉強は必要ありませんが、なぜこの仕事に興味があるのか、志望動機を明確にしておくとよいでしょう。医療福祉の分野においては、机上の優秀さもさることながら、人としての礼儀や常識など医療人としての素質があるかどうかも重要なポイントです。もし将来を迷っているのであれば、一度実際のリハビリテーション場面を見学してみるとよいかもしれません。また、少し違う現場になりますが、ボランティア活動など「誰かのために行動する」という体験を通し、やりがいを感じるかどうか・楽しいと思えるかどうか、自分の素質について見つめる機会を作ることもおすすめです。容易な道のりではないからこそ、様々な角度から自分を見つめなおし、強い意志をもって資格取得に臨みましょう。