資格取得の必要条件|行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

資格取得の必要条件

女性

卒業することで取得

共働き世帯が増えている現在では、多くの人が保育園に子供を預けて働いています。そのため保育園の需要は高まっていますし、それに伴って多くの保育園が、そこで働く保育士を募集するようになっています。つまり採用されやすく就職しやすいということですから、昨今では保育士になることを希望する人も増加しています。保育士になるためには、保育士養成課程のある大学または短期大学、専門学校に通う必要があります。これらに入学すると、必要課程を修了して卒業することで、保育士資格を取得できるのです。卒業までにかかる期間は、2年ないし4年となっています。また大学や短期大学の場合、保育士資格と並行して幼稚園教諭免許を取得することも可能となっています。

国家試験の合格により取得

保育士資格は、年に1回おこなわれている国家試験を受験して、それに合格することでも取得が可能となっています。この場合、大学や専門学校などに通学する必要はありません。自宅などでの独学のみという人でも、国家試験に合格すれば、保育士になることができるのです。ただし国家試験には受験資格があり、それをクリアしていなければ、そもそも受験すること自体ができません。具体的には、大学や短期大学や専門学校、または保育科のある高校を卒業しているという学歴が必要となります。保育科以外の高校を卒業した人や中卒の人でも受験は可能ですが、この場合はまずは、児童福祉施設で一定時間労働することになります。つまり学歴を実務経験でカバーすれば、受験できるようになるわけです。