幼稚園で働くためには|行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

幼稚園で働くためには

先生と子供

保育士との違い

子供好きな方がなる職業が保育士や幼稚園教諭です。今回は幼稚園教諭になる方法について説明していきますね。まずは保育士と幼稚園教諭の違いについて。一般人からするとこの2つの仕事は同じように感じるかもしれませんが、全然違うんです。保育士というのは0歳の赤ちゃんの保育をすることができる仕事ですが、幼稚園教諭は0歳の赤ちゃんの保育はできません。幼稚園教諭ができるのは幼稚園に通うことができる満3歳の子供の先生をすることです。なので幼稚園教諭は幼稚園児を教育することが主な仕事と言えます。また働く場所もこの2つの職業は違い、幼稚園だけで働けるのが幼稚園教諭で託児所等の子供を預けることができる施設全般で働けるのが保育士です。

資格を2つのとるメリット

幼稚園で教育をするには「幼稚園教諭免許状」という国家資格が必要です。国家資格をとるには大学・短期大学・大学院に行く必要があります。例外として、保育士として3年以上の実務経験があり教員資格認定試験に合格した場合は大学に行かずに幼稚園教諭になることが可能です。また今では保育園と幼稚園の両方の要素がある認定こども園が増えているため、保育士と幼稚園教諭の両方の資格をとる方も多くいます。働く場所の幅を広くしたい・知識を増やしたい場合は両方の資格をとるのが良いでしょう。2つの資格を卒業と同時に取得できる大学もたくさんあるので、自分が住んでいる地域にあるかどうか調べてみることをオススメします。どちらの資格も保育園や幼稚園等の子供と関わる仕事をしたい方にはとっておいて損はないでしょう。