行政書士の通信講座にかかる費用|未来の社長に

幼稚園で働くためには

先生と子供

保育士の資格がない方が幼稚園教諭の資格をとるには大学に行く必要があります。あまり学費や時間をかけたくない方は短期大学へ行き、じっくりと勉強したい方は4年制の大学が良いでしょう。また保育士と幼稚園教諭両方の資格をとることでメリットがたくさんあるので、学校へ行くなら両方の資格をとることをオススメします。

Read More..

一生モノの資格を取ろう

男の人

医療・福祉系の資格で今注目されているのがリハビリテーション職種です。そのひとつである言語聴覚士は、言葉や食べることに関して専門的な知識を持つ仕事です。専門の学校へ通い、国家試験に合格することで取得できる資格ですが、道のりは容易ではなく、強い意志と資質が求められます。

Read More..

独立開業への道も

メンズ

どのような資格なのか確認

行政書士は、わたしたちに最も身近な法律関係の資格であると言えます。行政書士の仕事は、官公署へ提出する書類や権利義務等に関する証明書類などを作成する書類作成、その手続きを代行する許認可申請の代理、クライアント等の相談業務に分けることができます。書類作成業務は、主に許認可の申請書類を作成します。許認可申請は、素人には簡単にできるものではありませんので、行政書士の出番となります。そして、その書類を提出するのが許認可申請の代理業務ですが、ただ提出するのではなく、許認可を得ることで業務が完了します。こういった業務に関連し、相談を受けるものが相談業務です。相談業務のみで料金を請求することができ、コンサルティング業務に注力する行政書士もいます。

資格の取得方法は

行政書士には、受験資格がありません。そして他の弁護士や司法書士、社会保険労務士などの資格と比べると難易度は低いものの、合格率は決して高くありません。そのため、通信講座では取得が難しいのではないかと考えられる方がいらっしゃいます。しかし、通信講座でも多くの方が合格しています。行政書士の合格率が低いのは、比較的簡単な資格だという思い込みで、ほとんど準備をせずに受験する方が多いためです。通信講座では、費用をはじめ期間や内容は様々ですので、公表されている合格率が選択する際の目安になります。通信講座でもしっかりと勉強することで合格が可能ですので、ぜひ挑戦してください。この資格だけでも独立開業が可能ですし、他の法律資格へも繋がる有意義な資格です。資格をとるまでにかかる費用などの予算を考えるのも大事なので、情報をチェックしましょう。

資格取得の必要条件

女性

保育士の需要が高まっている現在では、多くの人が保育士の資格取得を希望するようになっています。取得のためには、特定の大学や短期大学や専門学校を卒業する必要があります。国家試験に合格することでも取得できますが、受験するには、指定された学歴あるいは児童福祉施設での一定時間の実務経験が必要となります。

Read More..